Space Apps COVID-19 Challenge in Japan
2020年5月30日(土)~5月31日(日)、宇宙データを用いてCOVID-19に関する課題を解決するオンラインハッカソンが開催された。今回は150か国から15000人以上が参加し、2000を超えるチームが誕生した。地球観測データとオープンデータを使用してCOVID-19に関連した12の課題に取り組んだ。(全ての課題に関してはこちら)

ここでは日本で行われたハッカソンから、筆者の独断と偏見により選ばれた2つのアイデアを紹介する。

 

1.HIYA -Stress reduction through communication / LatLatLong.LAB
challenge:The Isolation Solution
一人暮らしの人々の、コロナ対策のための活動自粛による孤立は誰かと話すことで孤独や不安を和らげることができる。HIYAは対面せずとも誰かと話をしたい人々を支えるアプリである。
対面でのコミュニケーションの効果をNASA、JAXA、ESA のデータを参照し開発した。時間の関係もあり実装まではいかなかったが、実際にあったら是非とも利用してみたい。(左の画像はアプリの画面イメージ。)

このアイデアの全文はこちら

2.